調整大小untitled.bmp 

5天=1

3候=1

1氣=15

15天=半個月

2氣=1個月

6氣=3個月

3個月=90

90天=1

1時=1

4時=4

4季=1

1年=24(節)氣=72

 

立春(りっしゅん)→ 24日ごろ

冬から春に移るとき。

 

雨水(うすい)→ 219日ごろ

雨水がぬるみ、草木の萌芽のきざしが見えてくる。

 

啓蟄(けいちつ)→ 36日ごろ

土の中で冬ごもりしていた虫が地上に出てくる。

 

春分(しゅんぶん)→ 321日ごろ

春の彼岸の中日(ちゅうにち)。

 

清明(せいめい)→ 45日ごろ

桜や草花が咲き始め、すべてに清新さがあふれてくる。

 

穀雨(こくう)→ 420日ごろ

雨の降る日が多く、穀物などの生長を助ける。

 

立夏(りっか)→ 56日ごろ

夏の気配が感じられる。

 

小満(しょうまん)→ 521日ごろ

万物が天地に満ち始める。

 

芒種(ぼうしゅ)→ 66日ごろ

梅雨入りの前で、田植えを始める時期。

 

夏至(げし)→ 621日ごろ

夏季の真ん中で、梅雨の盛り。

 

小暑(しょうしょ)→ 77日ごろ

この日から暑気に入り、暑さが日増しに加わる。

 

大暑(たいしょ)→ 723日ごろ

最も気温の高い季節である。

 

立秋(りっしゅう)→ 88日ごろ

残暑は厳しいが、秋の気配が感じられる。

 

処暑(しょしょ)→ 823日ごろ

暑さがやみ、涼風が吹く初秋のころ。

 

白露(はくろ)→ 98日ごろ

秋気が加わり、草の露に秋を感じる。

 

秋分(しゅうぶん)→ 923日ごろ

秋の彼岸の中日(ちゅう‐にち)。

 

寒露(かんろ)→ 109日ごろ

秋が深まり、朝晩は寒気を感じる

 

霜降(そうこう)→ 1024日ごろ

秋も終わりで、霜が降りるころ。

 

立冬(りっとう)→ 118日ごろ

このころから冬に入る。

 

小雪(しょうせつ)→ 1123日ごろ

寒さもそれほど厳しくなく、雪も本格的ではない。

 

大雪(たいせつ)→ 127日ごろ

北風が吹き、冬の到来が感じられる。

 

冬至(とうじ)→ 1222日ごろ

冬の真ん中で、次第に寒さも厳しくなる。

 

小寒(しょうかん)→ 16日ごろ

本格的な冬で、寒さと雪が激しくなる。

 

大寒(だいかん)→ 121日ごろ

一年で最も寒い時期である。

nitendopixnet 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()