fd00102420071015153056.jpg

イソップ物語:(あり)ときりぎりす

 

一個十分炎熱的夏天。

暑い暑い夏の日です。

螞蟻每天都汗水淋漓地往巢穴裏搬運食物,

蟻は、(あせ)(なが)しながら毎日毎日、食べ物を(す)に運んでいました。

而蟋蟀卻每天只知道唱歌跳舞。

でも、きりぎりすは、毎日、ただ(うた)ったり(おど)ったりして(く)らしていました。

蟋蟀對螞蟻説:

きりぎりすは蟻に言いました。

「老兄啊,這麼熱的天還工作,多辛苦呀!夏天裏食物充足,不用這麼勞累的!」

「こんな暑い日に、せっせと(はたら)くなんて、ご苦労(くろう)さんだね。夏は、食べ物がたくさんあるんだよ。そんなに働かなくても大丈夫(だいじょうぶ)さ。

但是螞蟻什麼也沒説,只是一個勁兒地收集食物。

でも、蟻は、何も言わないで、食べ物を(あつ)めていました。

不久寒冷的冬天來到了,

やがて、寒い寒い冬がやってきました。

外面吹著凜冽刺骨的北風。

ぴーぷーと、(つめ)たい北風(きたかぜ)(ふ)いています。

螞蟻在溫暖的巢穴裏吃著美味,開心快樂地生活著。

蟻は、(あたた)かい巣の中で、(たの)しく暮らしていました。

食物堆積如山。

食べ物もたくさんあります。

突然聽見有人在敲門。

突然、誰かがドアを(たた)きました

打開門一看,原來是消瘦的蟋蟀站在那裏。

ドアを開けてみると、(や)せたきりぎりすが(た)っています。

「蟻兄,分點兒吃的給我吧!」蟋蟀有氣無力地央求道。

「蟻さん、食べる物を少し(わ)けてください。」きりぎりすは、小さい声で言いました。

「看見了嗎,還是夏天儲藏食物有好處吧!」螞蟻揶揄蟋蟀説。

すると、蟻は、こう言ったのです。「夏の(あいだ)に働いて、食べ物を(た)めておけばよかったのですよ。

 

200px-Diego_Velasquez%2C_Aesop.jpg

イソップ

nitendopixnet 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()