untitled.bmp

むかしむかし、浦島太郎という漁師(りょうし)がいました。

很久很久以前,有一個叫浦島太郎的漁夫。

ある日、浜辺(はまべ)に行くと、子供たちが(かめ)(つか)まえていじめていました。

一天,他來到海邊發現一群孩子在欺負一隻烏龜。

浦島太郎は、子供にお金をやって亀を(たす)け、海に(かえ)してやりました。

浦島太郎拿出錢買下這隻烏龜並把它放回了大海。

浦島太郎が、海に出て(つ)りをしていると、「浦島さん、浦島さん。」と、(よ)ぶ声がします。

一次,當浦島太郎出海打魚時,聽到有個聲音在喊「浦島太郎、浦島太郎」。

見ると、亀が海の上に顔を出して、呼びかけていたのです。

仔細一看,原來是一隻烏龜從海裏探出頭在喊自己。

「わたしは、この(あいだ)助けていただいた亀です。お礼に竜宮(りゅうぐう)(じょう)にご案内(あんない)いたします。」

「我就是前些日子您搭救的那隻烏龜!為了報答您的救命之恩,我帶您去龍宮吧!」

浦島太郎は(よろこ)んで亀の背中(せなか)に乗りました。

於是,浦島太郎很高興地騎到烏龜背上跟它去了。

竜宮城は、海の底にある、夢のように美しいお(しろ)です。

龍宮在海底,是一座夢幻般美麗的城堡。

お城に着くと、きれいな乙姫(おとひめ)(さま)が浦島太郎を出迎(でむか)えました。

到達龍宮後,美麗的龍女出門迎接,

乙姫様は、「亀を助けてくださいまして、ありがとうございました。

並對浦島太郎感謝地説:「謝謝您搭救了烏龜,

どうぞここでゆっくり遊んでいってください。」と言って、お城の中に案内しました。

請在龍宮裏盡情地遊玩吧!」然後帶他到處觀看。

毎日、たくさんのご馳走(ちそう)(なら)べられます。

此後,浦島太郎在龍宮毎天享受著無盡的美味、

(たい)やひらめが、楽しい(おど)りを見せてくれます。

觀看著魚兒優美的舞姿,

夢のような楽しい日が(つづ)き、いつの間にか三年が(す)ぎていました。

過著夢一般開心的生活。日子過得很快,不知不覺三年過去了。

「そうだ、ふるさとに(のこ)してきたお父さんとお母さんはどうしているだろう。」

「啊,不知家裏的父母現在怎樣了?」

浦島太郎はそう思うと、一度家に(もど)ることにしました。

浦島太郎想起了父母,於是決定回家看看。

乙姫様は、(かな)しそうな顔をしながら、浦島太郎に(はこ)(わた)して言いました。

龍女知道後憂心忡忡地遞給了浦島太郎一個盒子,並對他説:

「これは玉手(たまて)(ばこ)です。この箱は、絶対(ぜったい)に開けないでください。

「這是一個玉匣。你千萬不要打開,

もし開けると、あなたとは二度とお会いできなくなるのです。

一但打開始後,我們就無法再相見了」

浦島太郎が、ふるさとに戻ってみると、景色(けしき)がすっかり変わっています。

浦島太郎回到了家郷後,發現那裏全變樣了,

知っている人もいません。

而且一個認識的人也沒有。

浦島太郎が竜宮城にいた三年は、この(よ)では三百年だったのです。

太郎在龍宮待了三年,而人世間卻已過了三百年。

浦島太郎は、思わず玉手箱を開けてしまいました。

浦島太郎禁不住打開了玉匣,

すると、箱からもくもくと白い(けむり)があがって、

匣中冒出滾滾白煙,

浦島太郎はたちまち白髪(しらが)のお(じい)さんになってしまいました。

不一會兒他就變成了一個滿頭白髮的老人。

 

nitendopixnet 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()