1.東京愛情故事

こんにちは、完治。今晩はかな。これから完治にお別れを言おうと思います。ちょっと悲しいけど、でも、悲しいだけでもありません。いずれにしても、完治と同じ季節に同じ道を歩けたことを愛してやみません。完治、今が愛しいよ。完治と別れする今、この時をやっぱり愛しく思えるから、私のこれからはきっと大丈夫って思います。完治と出会えてちょっと人生得したかなって。さよならは言いません。約束もしません。でも、また会えるよね。赤名リカ。追伸:元気ですか。

你好完治,或許該是說晚安了吧。我這就要和你道別了。心裏有些痛苦,但也不全是悲傷。不管怎樣,能和完治在相同的季節裏漫步在相同的街道上,是多広令人眷戀啊。現在也是啊,和完治分別的這個時候, 還是會念念不忘, 所以我想我將來一定會挺得過去的。能遇見完治你, 也許是我人生的財富。我不說再見也不承諾些什広。可是我們還能再見面嗎?赤名莉香 附註:你還好嗎?

 

2.魔女的条件

これをあなたが読む時は、あたしはこの世にいないかもしれません。でも、お願いだから、あたしの後を追うようなばかなまねはしないで。だって、自由の国は死んでしまったら行けないんだから。「自由」と言う字はどう書くか、思い出してみて。自らがいる理由って書くのよ。自分が生きている喜びや意思を主張することを、自由って言うんじゃないかな。だから、何があっても生き続けなきゃ、意味がないの。どんなに辛くても苦しくても、たとえ転んでも、生き続けなきゃ。

當你看到這封信時,或許我已不在這個世上了。但是求求你,千萬別做傻事步我後塵而來。因爲人死了的話,就到不了自由的國度了。請看看「自由」這個字是應該怎広寫?就是寫成自已存在的理由的哦 , 宣告自己活著的喜悅以及意願,這也許就是所謂的自由吧。因此無論發生什広,都要堅持活下去才是生活的意義.不管有多広辛苦, 就算是跌倒了也要繼續活下去。

 

3.人生

ねぇ、脩二、この世は奇麗だったよ。たかさ100センチから見る世界は奇麗だったよ。あなたと逢ってラストなんヶ月かで、あたしの人生は星屑をまいだように輝いたんだ。

脩二, 這個世界真的好美麗,這是從一百公分輪椅高處看見的美麗世界呀。遇見你後我所度過的最後幾個月,我的人生就像是星塵般地閃耀。

 

4.冰之世界

苦しくない、もう苦しくない。そうか、死ぬって、こういうことなのか、人間は死の間際、それまでの人生を走馬灯のように思い返すというけど、本当だ。これってまるで、俺の伝記映画だ。あの女と出逢わなければ、こんな死に方はしなかったかもしれない‥だけど‥俺は後悔しない、彼女と出逢ったことを待ってくれ、もう少しだけ見させてくれ‥俺の人生に何か起ったのか。

不苦了,我已不覺得苦了,所謂的死,也就是這麼回事吧。人將死時,聽說會如同走馬燈似地回顧過去的人生,確實如此。這簡直就像是我的自傳電影,如果不是遇見了那個女孩,也許我就不是這樣的死了,但是我不會後悔,後悔和她相遇這件事,可否再等等,再讓我多看一會兒‥看看我的人生究竟發生了什麼事。

 

5.野猪大改造

今、手をつないでいるその人に出会えたのは、キセキのような、かくりつです。光の中に出ても、その手をはなすことのないように。

能遇見現在和你牽手的那個人的機率幾乎是奇蹟,所以即使回到了明亮的世界, 請一定不要鬆開彼此的手

 

6.偵探學園Q

事実はすべて真実を語ってるわけではない。事件を解決するのも大切かもしれませんけど、その裏に隠された事実を見抜くことも探偵の大切な役目と思う。だからこそ、人を救うことができるじゃないかなあ。甘っちょろいって思われるかもしれないけど、僕は信じたいんだ。この人もちゃんと血が通ってる。だから、人の痛みとか苦しみとかそういう感じる心を持ってる。

事實並不能完全代表真相。解決問題也許很重要,但我想偵探的重要使命是能洞察到案件背後隱所藏的事實。正因爲如此,我們才能拯救別人。也許你們會認爲我說的話太天真,但是我願意相信。這個人也是有血有肉的人因此她有一顆能夠感受到他人痛楚和苦難之心。

 

7.花ざかりのキミ

佐野泉努力はきっと報われる。後は自分を信じるだけ。

芦屋瑞稀死んじゃうよ。そうやって、大切なものをあきらめてたらどんどん自分が消えてなくなっちゃうぜ。自分にうそをついて生きるっていうのはさあ、寂しいよ。苦しいよ。

校長ここで何かを得た子もそうでなかった子もいろんな花を咲かせそうね。どうか、その子たちの育て方を間違えないようにしてください。

佐野泉:努力一定有回報。剩下的只有相信自己。

蘆屋瑞稀:你這樣會死的。放棄最爲重要的東西,漸漸地就會失去自己。對自己撒謊的生活,是寂寞, 痛苦的呀。

校長:這裏有很多像花朵般綻放青春的孩子, 有學到了點東西的孩子也有學不成什広的孩子。請一定不要弄錯教育孩子的方法。

 

 

nitendopixnet 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()