第一封<時代的宿命>

19451225

友子、太陽がすっかり海に沈んだ。

友子、太陽已經完全沒入了海面

これで、ほんとうに台湾島が見えなくなってしまった。

我真的已經完全看不見台灣島了

君はまだあそこに立ってるかい

你還站在那裡等我嗎?

 

第二封<時代的宿命>

友子、許しておくれ、この臆病な僕を、

友子、請原諒我這個懦弱的男人

二人のこと決して認めなかった僕を

從來不敢承認我們兩人的相愛

どんなふうに、君に惹かれるんだったけ、

我甚至已經忘記、我是如何迷上那個不照規定理髮

君は髪型の規則をやぶるし、よく僕を怒らせる子だったね

而惹得我大發雷霆的女孩了

友子、

きみは意地張りで、あたらしい物好きで、

你固執不講理、愛玩愛流行

でも、どうしょうもないぐらい、君に恋をしまった。

我卻如此忍不住得迷戀你

だけど、君がやっと卒業したとき、

只是好不容易你畢業了

ぼくたちは、戦争に敗れた。

我們卻戰敗了

僕は敗戦国の国民だ。

我是戰敗國的子民

貴族のように、傲慢だったぼくたちは、一瞬にして、罪人のくび枷をかせられた。

貴族的驕傲瞬間墮落為犯人的枷

貧しい一教師の僕が、

我只是個窮教師

どうして民族の罪を背負えよ、

為何要揹負一個民族的罪

時代の宿命は時代の罪、

時代的宿命是時代的罪過

そして、僕は、貧しい教師ですぎない、

我也只不過就是個窮教師

君を愛していても、あきらめなければならなかった。

我愛你、卻必須放棄你

 

第三封<奇幻的舞步

三日目、

第三天

どうして、君のことを思わないでいられよう

該怎麼克制自己不去想你

君は、南国のまぶしい太陽の下で育った学生、

你是南方艷陽下成長的學生

僕は雪の舞う北から海を渡ってきた教師、

我是從飄雪的北方渡洋過海的老師

僕らはこんなに違ったのに、

我們是這麼的不同

なぜ、こうも惹かれあうのか

為何卻會如此的相互吸引

あの眩しい太陽がなつかしい

我懷念艷陽

あつい風がなつかしい

我懷念熱風

まだおぼえてるよ、君が赤蟻にはらをたてる様子、

你被紅蟻惹毛的樣子我依然記憶猶存

笑ちゃいけないとわかてった。

我知道我不該嘲笑你

でも、赤蟻をふむようす、きれいで

但你踩著紅蟻的樣子真美

不思議なステップを踏みながら、踊っている様子、

像踩著一種奇幻的舞步

怒ったにぶり、はげしく軽やかな笑い声、

憤怒、強烈又帶著輕挑的嬉笑

友子、そのとき、僕は恋に落ちだんた

友子、我就是那時愛上你的

 

第四封<各自遠颺>

強風が吹いて

多希望這時能刮起暴風

台湾と日本の間の海に、僕を沈めてくればいいのに

把我淹沒在這台灣與日本間的海域

そうすれば、臆病な自分を負ってやまさずにすむ

這樣我就不必為了我的懦弱負責

友子、たっだ数日の航海で、

友子、才幾天的航行

僕はすっかり老け込んでしまった、潮風がつれてくる泣き声を聞いて

海風所帶來的咆哮已讓我蒼老許多

甲板から離れたくない、寝たくもない

我不願離開甲板、也不願睡覺

僕の心は決まった

我心裡已經做好盤算

陸に着いたら

一旦讓我著陸

一生、海を見ないおこう

我將一輩子再也不願看見大海

潮風よ

海風啊

なぜ、泣き声をつれてやって来る

為何總是帶來咆哮呢?

人を愛して泣く

愛人哭

嫁いで泣く

嫁人哭

子供を生んで泣く

君の幸せな未来図を想像して、涙が出そうになる

一勾勒起你未來幸福的藍図時我總是會哭

でも、僕の涙は

只是我的淚水

潮風に吹かれて、あふれる前に乾いてしまう

總是在湧出前就被海風吹乾

涙を出さずに泣いて

湧不出淚水的哭泣

僕は、また老け込んだ

讓我益発蒼老了

憎らしい風

可恨的風

憎らしい月の光

可恨的月光

憎らしい海

可恨的海

 

第五封<給女兒>

12月の海はどこか怒っている

十二月的海總是帶著憤怒

恥辱と悔恨に耐え

我承受著恥辱和悔恨的臭味

さわがしい揺れを伴いながら

陪同不安靜地晃盪

僕が向かっているのは故郷なのか

不明白我到底是歸郷

それとも、故郷を後にしているのか

還是離

夕方、日本海に出た

傍晚、已經進入了日本海

昼間は頭がわれそうに痛い

白天我頭痛欲裂

きょうはこい霧がたちこめ、昼の間、僕の視界をさえきった

今天可恨的濃霧阻擋了我一整個白天的視線

でも、いま星がとても綺麗だ

而現在的星光真美

おぼえでる、君はまだ中学一年生だったごろ、

記得你才是中學一年級小女生時

天狗が月おく農村の伝説をひばりだして

就膽敢以天狗食月的農村傳說

月食の天文理論に挑戦したね

來挑戰我月蝕的天文理論

君に教えておきたい理論は、もうひとつある

再說一件不怕你挑戰的理論

君は、いま見ている星の光が

你知道我們現在所看到的星光

数億光年の彼方にある星から放たれてる知ってるかい

是自幾億光年遠的星球上所發射過來的嗎?

わ~数億光年の前に放たれた光が

哇、幾億光年發射出來的光

いま、僕たちの目に届いてる

我們現在才看到

数億年の前、台湾と日本は、

幾億光年的台灣島和日本島

いったいどんな様子だったろう

又是什麼樣子呢?

山は山、海は海、

山還是山,海還是海

でも、そこには誰もいない

卻不見了人

僕は、星空が見たくなった、

我想再多看幾眼星空

うつろやすい、こんな夜で、

在這個空虚善變的人世間裡

永遠が見たくなったんだ

我想看一下永恆

台湾で冬を越すらいぎょの群れを見たよ

遇見了要往台灣避冬的烏魚群

僕はこんな思いを一匹に託そう

我把對你的相思寄放在其中的一隻

漁師をしている君の父親が、捕まえてくれることを願って

希望你捕漁的父親可以捕獲

友子、悲しい味がしても、

友子,儘管他的氣味辛酸

食べておくれ

你也一定要嚐一口

君にはわかるはず、

你応該會明白

君を捨てたのだはなく、泣く泣く手放したということ

我不是拋棄你、我是捨不得你

みんなが寝ている甲板で、低く何度も繰り返す

我在眾人熟睡的甲板上反覆低喃著

棄てたのではなく、泣く泣く手放したなど

我不是拋棄你、我是捨不得你

夜が明けた

天亮了

でも、僕には関係ない

但又有何妨

どちみち、太陽がこい霧がつれてくるだけだ

反正陽光總是帶來濃霧

夜明け前の洸惚の時、

黎明前的一段恍惚

年老いた君のゆうびの姿を見たよ

我予見到了日後的你韶華已逝

僕は、髪がうすくなり、目もたれていた

日後的我髮禿眼垂

朝の霧が舞う雪のように、僕の額をおい

晨霧如飄雪、覆蓋了我額上的皺紋

はげしい太陽が君の黒髪を焼き尽くした

驕陽如烈焰,焚枯了你秀髮的烏黑

僕らの胸の中の最後の余熱はかんぜんにん冷め切った

你我心中最後一點餘熱完全凋零

友子、無能な僕を許しておくれ

友子、請原諒我這身無用的軀體

 

第六封<彩虹>

海上気温16

海上氣溫16

風速12節、水深97メートル

風速12節、水深97

海鳥が少しずつ見えてきた

已經看見了幾隻海鳥

明日の夜までには上陸する

預計明天入夜前我們即將登陸

友子、台湾のアルバムを君に残しておきたいなあ

友子、我把我在台灣的相簿都留給你

お母さんのところに置いてある

就寄放在你母親那兒

でも、一枚だけこっそりもらってきた

但我偷了其中一張

君が海辺で泳いでいる写真

是你在海邊玩水的那張

写真の海は風もなく、雨もなく

照片裡的海沒風也沒雨

そして、君は天国にいるみたい笑っている

照片裡的你、笑得就像在天堂

君の未来は誰のものでも

不管你的未來將屬於誰

君に見合うことこなんでいない

誰都配不上你

美しい思い出は大事にもってこよと思ったけど

原本以為我能將美好回憶妥善打包

つれたくれたのはむなしさだけ

到頭來卻發現我能攜走的只有虛無

思うのは君のことばかり

我真的很想妳!

あ、虹だ

啊、彩虹!

虹の両端が海を越え

但願這彩虹的兩端

僕と君を、結びつけてくれますように

足以跨過海洋,連結我和妳

 

第七封<野玫瑰>

友子、無事に上陸したよ

子、我已經平安著陸

七日間の航海で、

七天的航行

戦後の荒廃した土地に,ようやくたてたのに、

我終於踩上我戰後殘破的土地

海が懐かしんだ

可是我卻開始思念海洋

海がどうして、希望と絶望の両端にあるんだ

這海洋為何總是站在希望和滅絕的兩個極端

これが最後の手紙だ、

這是我的最後一封信

あとでだしにいくよ

待會我就會把信寄出去

海にくばわれた僕たちの愛

這容不下愛情的海洋

でも、思うだけなら、許されるだろう

至少還容得下相思吧

友子、僕の思いを受け取っておくれ

友子我的相思你一定接受

そうすれば、すこしは僕を許すことができるだろう

這樣你才會原諒我一點點

君は一生僕の心の中にいる

我想我會把你放在我心裡一輩子

結婚して子供ができでも

就算娶妻、生子

人生の重要な分岐点にくるたび

毎次在人生重要的轉折點上

君の姿が浮かび上がる

你的身影一定會浮現

重い荷物をもって家出した君

提著笨重行李逃家的你

行きかう人ごみの中に

在遣返的人潮中

ぽっつんと佇む君

孤單地站著

お金をためて、やっと買った白いメディアス帽をかぶってきたのは

你戴著那頂存了好久的錢才買來的白色針織帽

人ごみの中で、君の存在を知らしめるためだったのかい見えたよ

是為了讓我能在人群中發現你吧

僕には見えたよ

我看見了

君は静かに立っていた

你安靜不動地站著

七月のはげしい太陽のように

你像七月的烈日

それ以上直視するのはできなかった

讓我不敢再多看你一眼

君はそんなにも、静かに立っていた

你站得如此安靜

冷静につとめたこころが一瞬に熱くなった

我刻意冰涼的心卻又頓時燃起

だけど、ぼくは心の痛みを隠し

我傷心又不敢讓遺憾流露

心の声を飲み込んだ

我傷心、又不敢讓遺憾流露

僕は、知っている

我知道

思慕という低俗の言葉が

思念這庸俗的字眼

太陽の下の影のように

將如陽光下的黑影

追えばにげ

我逃他追

逃げれば追われ

我追他逃

一生

一輩子

友子、自分のやましさを最後の手紙に書いたよ

友子、我把自己的愧疚寫成最後一封信

君に会い懺悔するかわりに

代替我去當面跟你

こうしなければ、自分を許すことなど少しもできなかった

這樣我才會原諒自己一點點

君を忘れたふりをしよう

我會假裝你忘了我

僕たちの思い出が渡り鳥ぼように

假裝你將你我的過往

飛び去ったと思い込もう

像候鳥一般從記憶中遷徙

君の冬は終わり

假裝你已走過寒冬

春が始まったと思い込もう

迎接春天

本当にそうだと思えるまで、必死に、思い込もう

我會假裝一直到自以為一切都是真的

そして

然後

君が永遠に幸せであることを祈っています

祝你一生永遠幸福

 

創作者介紹
創作者 nitendopixnet 的頭像
nitendopixnet

二天堂(Nitendo)

nitendopixnet 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()